日本の高専で学ぶ留学生24名の来日

日本国政府の円借款による「工学系高等教育支援事業」の枠組みで日本の21の高専で学ぶ24名の留学生が来日し、大使館を訪問しました。 「工学系高等教育支援事業」では、2014年から2023年までに高専への留学のほか、大学院博士・修士課程への留学、日本の大学との学部ツイニングプログラム、共同研究、教育研究用機材整備などが実施され、短期間での人材育成に留まらず、モンゴル国立科学技術大学・国立大学理工系学部の教育課程を国際的レベルに近づけ、教員・研究者の質的向上を目指しています。