婚姻手続き

モンゴル国民と日本国民の婚姻手続きには下記の文書を必要とします。
「外国国民との婚姻についての臨時規則」に基づき、提出された文書を審査し、要件が満たされている場合、30日以内に婚姻を登録します。婚姻登録手続きを行う国によって、必要とする文書が異なります。

I. 日本で婚姻登録を行う場合(モンゴル国大使館にて登録)  モンゴル国民側の必要書類:
1. 旅券写し(本人肖像写真の頁と査証の頁)
2. 国民登録証の公証済の写し
3. 出生証明書の公証済の写し
4. 国民登録情報センター発行の非婚姻(独身)証明書(45日以内に発行されたもの)、以前に離婚した場合は、離婚登録に関する書類、裁判所決定
5. 警察庁発行の犯罪経歴証明書(90日以内に発行されたもの) 
6. モンゴル国での居住地の役所発行の住民票(居住証明書)。
7. 外国人登録証明書(日本国行政機関発行)の写し 
8. 健康診断書(エイズ・性感染症・精神病・結核の検査結果)/モンゴル語翻訳文書/
9. 婚姻申請書
10.日本滞在に関して関連機関の発行する文書(学生証、勤務先発行の就労証明書など)
11. 領事手数料2000円

日本国民側の必要書類:
1. 戸籍謄本 /モンゴル語翻訳文書/
2. 旅券写し(旅券を持たない場合は運転免許証写し)
3. 住民票  /モンゴル語翻訳文書/
4.   健康診断書(エイズ・性感染症・精神病・結核の検査結果)/モンゴル語翻訳文書/
5.  婚姻申請書/モンゴル語翻訳文書/
以 上の書類の原本とカラー写し2部を大使館に提出します。書類を審査し、写し1部以外は本人に返却します。要件が満たされていれば「婚姻要件具備証明書」を 発給しますので、これを持って日本の行政機関(居住地の役所)に婚姻届(日本)を提出します。これによって新しく作られた戸籍謄本と、先の提出書類の写し 1部を持って、婚姻する相手と二人で大使館にて婚姻届(モンゴル国)に登録します。これに基づき、モンゴル国婚姻証明書を発給します(証明書料金2000 円)。
備考:郵送で文書を送る場合、返信用書留封筒を同封する。

II. モンゴルで婚姻登録を行う場合(ウランバートルの国民登録情報センターにて登録) 
日本国民側の必要書類:
1.公証済の婚姻申請書モンゴル語翻訳文書
2.婚姻関係に関する日本側関連機関の証明書 
3.健康診断書(エイズ・性感染症・精神病・結核の検査結果)
4.犯罪歴に関する警察の証明書
5.モンゴル国で生活する経費支弁に関する関連機関の証明書
6.公証済の身分証明書写し
7.肖像写真 1 
8.査証・在留許可に関して違反がないことの証明書  
以上の書類を用意し、ウランバートルにある外国人国籍問題管理局に申請します。  
備考:外国語の書類はモンゴル語に翻訳して公証を受けなければならない。

 

ЭСЯ-ны дансны дугаар/Англи хэлээр/:
Account number of Embassy of Mongolia
Bank name: Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, 
Branch name: Shibuya-Meijidori branch
Branch number: 470
Account number: 0458589
Account holder: Embassy of Mongolia

ЭСЯ-ны дансны дугаар/Япон хэлээр/:
駐日モンゴル国大使館の口座番号
銀行: 東京三菱UFJ銀行渋谷明治通り支店
支店番号: 470
口座番号: 0458589
口座名義: Embassy of Mongolia

Embassy of Mongolia
21-4, Kamiyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0047
Tel: 03-3469-2088
Fax: 03-3469-2216
E-mail: tokyo.consul.dep@gmail.com 
Web: http://tokyo.embassy.mn